2012年10月4日木曜日

Bloggerのフォントをゴシック調に変更してみた


久しぶりの投稿。最近、Facebookやツイッターへの投稿も減っている。
いわゆる「疲れ」というやつでもない。
仕事の後の余った時間で、ブログやソーシャルメディアへのポストをしようと、ほとんどポストできなくなることが判明。
仕事は尽きず、時間は余らないからだ。特に、フリーランスや個人事業主、1人経営者など仕事とプライベートが区別しにくい立場の場合はなおさら。
これからは、ブログ優先で、日々のことをポストしていくつもり。(今、思いたっただけで、続かない気もするがw)

先程、立ち上げた頃から気になっていたが、このブログ(GoogleのブログサービスBloggerを利用している)のフォントを変えてみた。
デフォルトのフォントが明朝体ちっくで、読みにくかった。
現在も継続的に更新している、もうひとつのブログ「婚活パーティー業界新聞」のようにゴシック体ちっくにしたかった。

→ブログ「婚活パーティー業界新聞」

やろうとすると、意外に手間取った。ここに設定までの流れを記録しておく。

「婚活パーティー業界新聞」も、ブログプラットフォームは、Bloggerを利用いている。
「婚活パーティー~」の設定を見て、同じフォントにすれば、5分でフォント変更できる…と軽く考えていたが、そうもいかなかった。
「婚活パーティー~」のほうがかなり昔から立ち上げており、旧タイプのテンプレートをそのまま利用している。フォントの設定を確認したら、フォント一覧には設定させているフォントがなかった(未設定の状態)。
最初の目論みは失敗に終わる。

他のブログの設定など参考にせず、ふつうに「MSゴシック」などを設定すればいいと考えて、このブログ(Blogger)のフォントの設定画面を出すが、フォント一覧には、欧文フォントが並んでいるだけ。「MSゴシック」などの日本語フォントは一覧にない。




試しに、設定している欧文フォントを変更すると、ブログ上の日本語もフォント変わった。フォント一覧の中からひとつひとつ試していけば、気に入ったフォントになることは確認できた。
でも、ひとつひとつ設定して、確認するのは面倒。別に特別なことを求めているわけではないので、どのフォントにすれば読みやすいブログなるのか、その情報が知りたかった。
なお、管理画面を見ていくと、外部CSSを登録できる設定もあった。手間をかければ、独自CSSを登録して自由にフォントや行間、文字色などを設定できることも確認した。

Bloggerの日本語フォント設定について、誰かブログにでも書いている人はいないか、「blogger フォント変更」といったキーワードでググった。
旧テンプレートについて言及しているものや、独自CSSの設定について解説しているブログはヒットするが、求める情報にはたどりつかなかった。
要するに、フォント一覧から、ひとつひとつ設定してみて、確認していくのが、もっとも手っ取り早い方法ということなのだろう。

ちなみに、フォントの変更は、管理画面から以下をたどる。
テンプレート>カスタマイズ>アドバンス
このブログは、デフォルトで「Georgia」が選択されていた。それを「Verdana」に変えた。