2013年1月9日水曜日

名門「芝」中学校、2013年志願者増加

ボクの出身中学・高校は「芝」だ。歴史のある芝中高は、卒業生のつながりも強く、近年Facebookで同窓生が急速につながりつつある。今回の記事は、名門芝学園 卒業生に向けた記事だ。

 芝中学校2013年志願者数は、首都圏受験校中、1位2位を争う増加となる見込み

本日発行「きょういく 朝日 進学情報<千葉版1月号>」(発行/制作 朝日学生新聞社)の記事によると、「芝」中学校2013年志願者数は、首都圏受験校中、1位2位を争う増加となる見込みだ。
記事は、四谷大塚の模擬試験(12月中旬実施)の結果を参考としたもの。男子と女子それぞれの「志望者数の多い学校」「志願者の増加数が多い学校」「志願者の減少数が多い学校」の一覧も掲載されている。

記事に掲載されている一覧によると、芝は「志望者数の多い学校」では立教新座に次ぐ2位。注目されるのは昨年同時期からの増減数【+81人】。同一覧の中で昨年同時期からの増減数がマイナスが多い中で、数少ないプラス学校でありトップレベル(唯一?)の大幅増加の学校だ。
「志願者の増加数が多い学校」でも、東京都市大学付属に次ぐ2位。東京都市大学付属は、今年の新設校なので昨年実績数字がゼロで増減数は志願者数全員となっている。イレギュラーな東京都市大学付属を除くと堂々の1位だ。


 芝中学校2013年志願者数は、増加要因は12年度大学入試で東大14人合格

2013年、芝中学校志願者数が大きく増加となる見込みとなった要因は、12年度大学入試での東大合格数だ。東大14名が合格。


東大14名中、現役10名合格。国立大学121名合格。早慶200名オーバー合格。堂々たる大学合格実績だ。


 芝OBネットワーク

芝には、芝学園同窓会のサイトがある。実は、OBのボクも今回の記事を書くにあたって、はじめてアクセスした。OBのつながりは芝の大きな強みだ。(これ、スゴクない?こんな学校ある?おどろいたw)


最近、Facebookグループでの同窓生や中高部活の交流が活発だ。
自分が学生時代は気にもしなかったが、実家やOB本人は、医者、弁護士、自営業…金持ちが多い。サラリーマンは大手メーカーや金融系などしっかりした企業勤務が大半。ボクのような個人レベルの事業者はイレギュラーなOBだ。


 けっこう、息子を芝に入れるっていいかも

しっかりした教育とOBのネットワーク。偏差値もそれほど高くないし(たぶん)。残念ながら我が家は娘だが、子供が息子なら、けっこう、芝に入れるっていいかも。
今朝の新聞折り込み(「きょういく 朝日 進学情報」は日経新聞の折り込みで入っていた)から、そんなことを思った朝だった。