2013年4月1日月曜日

4月1日、銀行で10万円以上の振込は変わる?犯罪による収益の移転防止に関する法律

本日、2013年4月1日(平成25年4月1日・エイプリルフールだが、この記事はウソではない)。
昨日、3月31日に、あまり見ないテレビをつけると、「法律が変わります。銀行で10万円以上の振込には…」といった旨のCMが流れていた。

10万円以上の振込なんて法人では日常的に起こっている。
「その手続きが面倒になるのは勘弁してくれぇ~。明日、もう少し調べなきゃ。」と思った。
というわけで、少しだけ調べた。自分で確認したかったことであり、世の中の9割は、この情報だけ知っておけば大丈夫だろうという情報を。自分で調べようとしていた方の時間節約になれば幸いだ。


 結論。個人も法人もほとんど変わらない

結論から言うと、個人も法人(「犯罪による収益の移転防止に関する法律」で規定された特定業務以外の一般的法人)の銀行での10万円以上の振込は、ほとんど変わらない。

これまですでに、現金による10万円以上の振込は、ATMではできなくなっており、窓口で本人確認等を経ておこなっていた。それは変わらず。
現金による10万円以上の振込や口座開設などの場合に、確認事項が多くなった、くらいの感覚で変更をとらえておけばいいのではないか。


 4月1日、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」という法律が改正になった

テレビCMで言っていたのは、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」改正のことだ。

【参考資料】wikipedia「犯罪による収益の移転防止に関する法律」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%81%AE%E7%A7%BB%E8%BB%A2%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B )

金融機関等を対象に、暴力団やテロ組織、違法組織にマネーロンダリング等をさせないための法律だ。

概要を知るには、警察庁サイトで公開している改正についてのパンフレットが分かりやすいかもしれない。

【参考資料】警視庁 PDFパンフレット「犯罪収益移転防止法の改正について」http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/jafic/pdf/leaf20130401.pdf )


 銀行サイトでの告知を比べてみた

銀行では、どのように告知しているのか、主要銀行の告知ページを比べてみた。上から分かりやすい順に並べた。

【参考資料】東京三菱UFJ銀行「お取引時の確認について」http://www.bk.mufg.jp/info/otorihiki_kakunin.html )

【参考資料】三井住友「「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正について」http://www.smbc.co.jp/gatekeeper/ )

【参考資料】みずほ銀行「犯罪収益移転防止法改正にともなう各種取引規定の変更のお知らせ」( http://www.mizuhobank.co.jp/oshirase/hanshuho_henkou.html )
【参考資料】みずほ銀行「お客様へのお願い」( http://www.mizuhobank.co.jp/info/honnin.html )