2013年3月29日金曜日

電子辞書<2013年春モデル>、家電量販店で触ってきた。セイコーDAYFILER(デイファイラー)最高っ!

ボクは、もう10年近く電子辞書に注目して製品を追っている。定点観測している。
前職では仕事でもあったし、運営サイト「くらべて.com」で電子辞書の比較一覧記事は人気記事だからだ。電子辞書のニュースばかりを集めたブログも更新している。

【参考資料】「くらべて.com」の「電子辞書比較[2013年・最新版]」http://www.kurabete.com/eigo/compare/comp_dendic_1.html )
【参考資料】ブログ「電子辞書マニア<新製品情報とおすすめ>」http://ameblo.jp/kurabete/ )

RSSリーダーで新発売ニュースに目を通し、カタログを集め、毎年春の新シリーズは出揃った頃に、家電量販店で実機の使い心地を確かめている。


数日前、有楽町ビックカメラで2013年春モデルを触ってきたので、そのとき思ったことを記録する。電子辞書好きの個人ブログなので、いらぬ気遣いをせず、独断と偏見で個人的な感想を思うままに書いていく。


 セイコーインスツルの新シリーズ「DAYFILER(デイファイラー)」最高っ!

店頭で2013年春モデルの電子辞書をいろいろ触っての感想はコレ(↓)。

  「DAYFILER(デイファイラー)」最高っ!

とにかくイケてる。
お金があるなら、大学生・社会人など学習用途の電子辞書としては、セイコーインスツルの新シリーズ「DAYFILER(デイファイラー)」をオススメする。

具体的には、現在、発売している以下のモデル。

DF-X10000
DF-X9000
DF-X8000

ただし、「お金があるなら」だ。
上記3製品。最近の電子辞書にしては、やや高い。一番安いDF-X8000でも、店頭45,000円程度、ネットで40,000円程度。
最近は、2万円台で最新の電子辞書が買える。4万は、やはり、高い。

製品の詳細は、「くらべて.com」の比較記事で、それぞれの説明を読んで欲しい。
無線LAN機能搭載など斬新な製品だが、評価したいのは、総合的な操作性。
(抽象的な表現だったので)具体的には、【1】搭載辞書の串刺し検索のしやすさ【2】画面移動、拡大縮小のしやすさ【3】音声の再生時などクリックのしやすさ、が抜群。

高校生は高校生向けコンテンツを搭載した電子辞書を買うべきだ。シニアもカラーの百科事典搭載などシニア向けコンテンツを搭載した電子辞書がいいだろう。
高校生でもシニアでもない、大学生や社会人が電子辞書を利用するシーンは、圧倒的に学習や仕事での英語や日本語の字引用途だろう。DAYFILER(デイファイラー)は、英語や日本語の検索で多くの方を満足させる。

下は、キーボード上の辞書選択ボタン「一括検索」を押して、「season」と入力した後の検索結果画面。複数辞書で単語がヒットしているのが分かるだろうか。


「ランダムハウス英和大辞典」で「solicit」と入力した結果表示。画面左上、単語の発音記号の横にスピーカーマークがあり青くなっている。ここの画面上を指でクリックすると、音声が流れる。直感的。


 スマホ、タブレットPCの辞書アプリは、まだまだ電子辞書に及ばない

詳しい解説は、また別の記事でするが、現状、スマホやタブレットPCの辞書アプリは、まだまだ電子辞書には及ばない。

「くらべて.com」の記事を書くために、現在、ランキング上位の辞書アプリをほとんど使ってみたが、検索レスポンス(反応速度)、検索結果(内容)、ともに満足いくレベルのものはなかった。
ちょっとした英単語や日本語の意味を調べるにはいいが、学習や仕事での利用にはもの足りない。


 なんだか、DAYFILER(デイファイラー)のステマ記事みたいになったが…

DAYFILER(デイファイラー)の話題しかせず、変な記事になった。かなり気に入ったので、自分でも買いたくなった。(でもな、4万だからな、後回しかなw)

ボクは、傑作だと思うが、きっと、それほど評価されずに売れない気がする(笑)

電子辞書を買おうかなぁ~、という方は、店頭で触ってみて欲しい。
DAYFILER(デイファイラー)の他の電子辞書…例えば、動画が再生されるのやカラー百科事典搭載のも見て欲しい。スマホやタブレットPCの辞書アプリより数段見やすく使いやすいことが確認できるだろう。

スマホやタブレットPCの辞書アプリは、もっともっと、ガンバレ!数年以内に実用的な辞書アプリが出ることを期待する。(メモリ容量など気にしないスマホにならなきゃ無理かなぁ~)