2013年4月20日土曜日

Google+とBloggerのコメントが共有できるように。Google検索は、ブログのまとめ記事支配へ

Googleのブログサービス「Blogger」に新機能。Google+とBloggerのコメントが共有できるようになった。この機能は、Google検索が、ブログのまとめ記事を支配するための足がかりかもしれない。まずは、どのように変化したのか紹介する。


 Bloggerの管理画面にログインしたらGoogle+とのコメント共有機能ができていた!

ボクは、数日ぶりに、Bloggerで記事を書こうとして、管理画面にログインした。すると、投稿一覧ページのメニューに新機能を知らせる吹き出しが表示された。


拡大すると、こんな(↓)表示。
「BloggerとGoogle+に寄せられている読者からのコメントを、ブログでまとめて表示します。」とのこと。


クリックしてみると、Google+設定画面に、「Google+を有効にする」というチェックボックスが出来ていた。


拡大すると、こんな(↓)表示。


・投稿に対するGoogle+のコメントをブログで表示します
・ブログへのコメントは自動的にGoogle+に共有されます
・読者のGooglプロフィールを通じて読者とつながります

とのこと。

要するに、Bloggerの記事に付いたコメントとGoogle+上のコメントが共有できるようになった。
Bloggerの記事に誰かがコメントを付けると、それがGoogle+上のブログ記事ポストにも反映される。その逆もしかり。

Google+とBloggerの連携は進んでおり、すでに、Bloggerに記事を公開するとGoogle+上で更新を告知しやすくなっている。
webツールやアプリを使い、自分のブログとFacebookやツイッターを連携させて、新たなブログ記事が公開されるとFacebookやツイッターで更新した旨を自動的にお知らせするポストをするよう設定している人は多い。同様のことが、webツールやアプリを使わずとも、Google+とBloggerの間では、すでに、できるている。

今回の新機能によって、Google+とBloggerのコメントが共有され、さらに、Google+とBloggerの連携は進む。
ブログ記事の読者は、ブログの記事のコメント欄にコメントを残す人もいれば、Google+のブログ記事更新ポストにコメントを残す人もいる。これまでは、ブログ記事に付いたコメントとGoogle+のブログ記事更新ポストについたコメントは別々に存在しており、読者は一覧できなかった。
新機能によって、Google+とBloggerのコメントが共有されて、ブログ読者はGoogle+に付けられたコメントも確認することができるようになった。ブログ記事を通した議論の場はいっそう広がる。議論はいっそう深まる。


 Google検索が、ブログのまとめ記事を支配するための足がかり?

3月28日、YahooとNHNジャパンがインターネット検索分野での提携を発表。4月から順次、Yahoo検索と「NAVERまとめ」は連携していく。
Yahooは、「NAVERまとめ」のコンテンツと連携することにより、Google検索との差別化を図ろうとしている。Google検索結果(ロボットにより自動収集された一覧)に対抗して、Yahooは人間目線のまとめ記事を検索上位にヒットさせようとしている。

人手によって作られたまとめ記事は、ロボット検索結果とは違った情報であることは間違いない。
Yahooは、まとめ記事のポータルサイトである「NAVERまとめ」と連携することで、まとめ記事を手に入れた。さて、Googleは?

Googleは、Google+を通して、無数のブログに掲載されたまとめ記事を支配しようとしているのではないか。今回のGoogle+とBloggerのコメント共有は、その足がかりのような気がしてならない。