2012年9月11日火曜日

「婚活」方法を比較!意外と知られていない婚活の選択肢

本日、2012年9月11日(火)。
弊社定休日は日曜・月曜にしているので、今週初日。

本日、「くらべて.com」の大カテゴリ「出会い」に、新規で比較一覧ページを公開した。

「婚活」方法の比較


比較一覧ページは、呼び名のとおり、比較できるように一覧にしたページ。同一カテゴリや類似カテゴリの製品やサービスを比較ポイントごとに一覧にしたページだ。電化製品のカタログを見ると、そのメーカーが発売する製品ラインナップの機能一覧が掲載されていることがあるだろう。「くらべて.com」には、メーカーやサービス提供主体をまたいだ比較一覧ページがあり人気だ。
通常、「くらべて.com」の比較一覧ページは、電子辞書、ブライダルエステ、ケフィアなど、製品やサービスのジャンルを題材にして作るのだが、今回は、いつもとは違った切り口で記事を作った。

いつもと違った切り口の記事を作るきっかけとなったのは、友人の独身男性Aによる素朴な質問から。

「婚活って、何すればいいの?」

日々、婚活パーティーやら、結婚情報サービスやら、異業種交流パーティーやら、について考えているので、質問の回答は、スラスラと出てきた。

「そりゃ。合コンしたり、知り合いに紹介してもらったり、パーティー行ったり…。お金出すなら、婚活パーティーなんかおすすめだけど…」

回答は回答として、その後も、このAの質問がナゼか引っかかっていた。
引っかかっていた理由を自問して導き出すと以下の2つの要素に行き着いた。
【1】ふつうの独身男女は、そもそも婚活って、どんな選択肢があるのか知らないのではないか?という確信めいた気づき
【2】(とことん考えたわけでもなく)婚活方法として個人的に婚活パーティーをおすすめできるが、どうして漠然とそう思うのか。その理由が知りたい

かくして婚活方法の一覧表を作ることになった。
まず、合コンとか知り合いの紹介などは、個人活動の延長とみなし今回は除外して、思いつく限りの婚活方法を並べた。次に、比較ポイントの項目を考えて表を作った。そして、表を埋めた。

表を作ったら、婚活方法において、個人的に婚活パーティーをすすめる理由が分かった。
リーズナブルで、選択肢が多く、事業者など間に誰かがあまり介在しないから。
個人的には、事業者など間に入って、「あれこれされる」のは好きではないからだ。そもそも有料サービスを受けることが、「あれこれされる」ことではあるが、自分的には、婚活パーティーはOKだが結婚情報サービスはNGだ。(たんなる好みの問題というオチでなんですがw)

ボク的には、ホイホイっと作った比較表だが、この表、ボク以外にも広く独身男女であればいろいろと気付かせてくれる表になったのではないか。