2012年11月3日土曜日

Eye-Fi、イマイチ使いこなせていない感

Eye-Fi、みなさん、使ってます?
ボクは、イマイチ使いこなせている感がしないまま、ずっと利用している。
もしかしたら、利用者の大半が「サクサクっと、写真が同期できて、超便利」という感想かもしれないが、ボクのパソコン環境だと、ダメダメ。とにかく、いつも、そして、なにかとエラーになっていて、イライラしちゃう。

知らない方のために、「Eye-Fi」を簡単に説明する。
見た目、SDカード。無線LANによる転送機能付のSDカード、といったところ。デジカメにSDカードの代わりにEye-Fiを入れておくと、撮影したデジカメ写真を指定したパソコンに自動的に転送してくれる、って代物。Eye-Fi内のデータを転送後自動削除と設定すれば、デジカメは撮影枚数無制限とすることも可能。その他、いろいろと便利な使い方がある。(今は、面倒なので、詳しく解説しない。)

ボクのEye-Fiを刺しているデジカメの写真データは以下のようなルートで保存されている。

 【デジカメでパシャ(内記録領域)】
  >【Eye-Fiカード】
   >(無線LAN)
    >【起動時にパソコン(パソコン内のEye-Fiソフトウェアで管理されている領域)】
     >(無線LAN)
      >【Pogoplug接続のハードディスク】
       >【Pogoplug接続のバックアップ用ハードディスク】

けっこうな長旅。間に無線LANを2回挟まっている。

デジカメ(デジカメに入れっぱなしにしているEye-Fi)からパソコンに転送するとき、パコソンに常駐しているEye-Fiソフトウェアの電波アイコンがピコピコ動いて知らせてくれる。うまく書き込みができないと、丁寧にポップアップで「Eye-Fi送信失敗」と表示してくれる。まず、これがウザい。(これ、設定切るってできるんですっけ?)
次に、ボクのパソコン環境だと、エラーとなることが多いのだが、いろいろなケースがあって、なかなかうまく使いこなせない。あるときは、ソフトウェアのアップグレードをしていないがためにエラーになっていて、あるときは、データを保存するドライブの不具合、またあるときは、無線LAN回線の不具合…といった感じ。

昨日のことだが、「最近、Eye-Fi、エラーになること多いなー」と思っていたので、調べてみると、Eye-Fiソフトウェアをアップデートしていないことと、Eye-Fiが無線LANにうまく接続できていない、とう複数のことが原因だった。

ボクのパソコン環境が保存先にPogoplugを指定するなど特殊な環境であることは分かっているけど、もう少しエラーを出さないように、うまくできる気がする。エラー表示って、見るだけでイライラする。

このブログでは、Pogoplugに続き、Eye-Fiもトラブルや便利な使い方をポストしていくかも。不満はあるけど、基本的には、便利なデジタルツールだからね。