2013年3月20日水曜日

2013年の婚活パーティーを比較!おすすめはコレだ!

「くらべて.com」の主要コンテンツは「婚活」関連。
「婚活パーティー」や「結婚情報サービス・結婚相談所」などのカテゴリが人気だ。
それら婚活系サービスは、SEO対策だけで成立しているようなアフィリエイト目的のサイトを除くと、扱っている情報サイトは皆無。
本気で記事にしている「くらべて.com」のような地味なサイトが、本気で婚活しようとする方々にとって地味に人気となっている。

自慢はさておき…

先日、「婚活パーティー」ブランドの一覧比較表を<2013年・最新版>に更新した。
そこでまとめた内容を元に、最近の婚活パーティーの傾向について、このブログで紹介しようと思う。
天気や健康・体調の話題ほどではないが、「恋愛」「婚活」は、雑談のネタとして話す相手が多く、害がない。ナゼかこの記事に辿り着いてしまった方も、雑談ネタとして読んでも損はない(いや、あるかな。くだらない話題なので、時間の無駄かもしれないがw)。
なお、地域的には関東中心の話題だが、大都市であれば似た傾向だ。

【参考】「くらべて.com」の「[関東]婚活パーティー比較<基本情報比較>[2013年]」http://www.kurabete.com/deai/compare/comp_company2.html )


 婚活パーティーの参加料金、男性4,500~5,500円・女性1,000~2,500円程度

平均はとりにくいが、料金の相場は、男性が4,500~5,500円程度・女性1,000~2,500円程度であろうか。

一覧表では、男性参加料・女性参加料の項目に、婚活パーティー事業者のサイトなどに表示している当日申込み価格を表示している。ネット割引やクーポンなどによる割引がなされる前の価格だ。

関東では、参加者制限のない婚活パーティーの場合、男性4,500~5,500円・女性1,000~2,500円程度。男性・女性それぞれ、500円程度なんらかの割引がなされて、実際の参加料は、男性4,000~5,000円、女性500~2,000円といったところがボリュームゾーンではなかろうか。

対象から「男性年収650万円以上限定」「男女20代限定」「バツイチ限定」などなんらかの参加者制限のあるイベントは除いている。

女性の料金は、数年前に比べて、若干高めになっている。おそらく数年前だったら、実際の参加料は女性0(招待)~1500円くらいで全体的に500円ほど上がっている気がする。


 全国展開、結婚情報サービス・結婚相談所による婚活パーティー増える

一覧表の上位5社「エクシオ」「ホワイトキー」「PARTY★PARTY」「クラブチャティオ」「パートナーエージェント」が、大手だ。
「PARTY★PARTY」はジャスダック上場企業が運営。「クラブチャティオ」は結婚情報サービス「ツヴァイ」提供の上場企業が運営。

5社いずれも婚活パーティーを全国的に展開しており、また、運営会社は結婚情報サービス・結婚相談所を提供している。「PARTY★PARTY」「クラブチャティオ」「パートナーエージェント」の3社は、もともとが結婚情報サービスや関連事業の出身だ。

婚活パーティーも、大手資本による全国的なサービス展開が主流になっている。競争が熾烈になり婚活パーティー業界全体のクオリティーの底上げがなされている。


 男女各15~20名程度の少人数パーティーが増えている

「くらべて.com」が婚活パーティーの情報提供をはじめた10年以上前。「くらべて.com」での呼び方も、「ねるとんパーティー」だった。
その当時は、男性・女性各40~50人をホテルなどの大部屋に集めて、テレビ番組の「ねるとん紅鯨団」よろしくイベントが進行した。

現在は、おそらく参加者のニーズを反映して、1回あたりの参加者数は少なくなっている。ここ数年、結婚前向きな方々を集めた婚活パーティーを中心に、さらに少人数でのイベントが増えている。


 2013年、おすすめの婚活パーティーはコレだ!

結論から言うと、上記大手5社の婚活パーティーは、イベントとしてのクオリティーが高く、誰でもそれなりに楽しめるのでおすすめだ(えっ?媒体社として逃げてる?w)もちろん、5社はどこも安全だ。

婚活パーティーは、サービス内容における「人」(スタッフおよび会員、募集して集められた参加者)の要素が大きいので、床屋や美容院のように、相性がある。同じサービスでも人によって好みが出やすい。

一定の基準以下のところは、満足度以前に安全性に疑問があるので、おすすめできない。しかし、上記5社なら間違いないだろう。もしも、婚活パーティーに参加したことがないなら、5社いずれも入門として最適だ。

婚活パーティー業界内でのポジショニングで言うと、エクシオが圧倒的なシェアで「トップリーダー」。参加者数が圧倒的に多く開催エリアも全国47都道府県と他の追随を許さない。ある意味、すべての婚活パーティーの基準となっている。

ホワイトキーは、婚活パーティー事業出身でエクシオに追いつけ追い越せ。質を落とした「チャレンジー」というよりは、「ニッチャー」を狙っているような事業展開だ。パーティーの中で自分とハマる企画があれば、参加してみても面白いだろう。

PARTY★PARTY、クラブチャティオ、パートナーエージェントは、運営会社が結婚情報サービスまたは関連サービスを手がけているだけに、エクシオ、ホワイトキーとはまた違ったタイプだ。いずれも、婚活パーティーマーケットのシェア拡大を狙っているところもない。稼働人数を絞って、結婚前向きな方々を中心に独自性の強いイベントを開催する。

ちなみに、1年前の2012年はじめに、こうした記事を書いたとしたら、上記5社をおすすめに挙げることはなかったと思う。エクシオ、ホワイトキー、PARTY★PARTYの婚活パーティーの事業規模は今よりも小さく圧倒的ではなかった。クラブチャティオとパートナーエージェントはパーティー事業が誕生したばかりだ(あれ?まだ誕生もしてないかな?)。


 ところで…

なんだか楽しくなってきたので、このブログでも、婚活パーティーや婚活に関する記事もときどき掲載していくことにする。興味のない方は、読み飛ばして。