2013年4月17日水曜日

メガネはやっぱりZoffがお得。Zoff店頭でメガネの買い方を聞いてきた

今週の月曜日(弊社定休日)、海浜幕張のZoff(ゾフ)に、夫婦でメガネを新調しに行った。
休日は朝から混んでいる店内も、平日月曜の昼過ぎは客もまばら。
店員にZoffでのメガネの買い方についてあれこれ聞く時間がたっぷりあった。このブログ記事で、聞いてきた情報をシェアする。

ボクは、メガネのような機能重視のアイテムは、そこそこお得に、そして、できるだけ手軽に購入したいと考えている。
可能であるなら、これから将来ずっと、購入するメガネは、今のメガネとまったく同じものでいい。今のメガネが壊れたときに、ネットでワンクリックして、同じものが送られてくれくるのであればそれで十分。
今回の記事は、同様の考えの方や、Zoff好き(Zoffリピーター)には役立つ記事のはずだ。



 やっぱり、Zoffは安い

比較好きのボクは、メガネの買い方や価格についてもそれとなく他社と比較していた。

そして、結論。やっぱり、Zoffは安い。
今回、ボクが購入したショップは、Zoffの中でも安いアウトレットだったのだが、それにしても安く作ることができた。


この(↑)メガネがケース付きで6,195円。もちろんフレーム、レンズ、視力検査等すべてコミコミ。
そして、これでも、最安のフレームではなく下から5ランクある真ん中。

他社だと、フレームだけでもこれ以上することもある。フレームを選んで、イザ、購入しようとすると薄型レンズの価格表など出されて、どんどん高いメガネを購入させられる。

ちなみに、ボクの奥さんのメガネは、12,000円オーバー。どんなケースでも数千円でメガネが出来るわけではない。うちの奥さんの場合、弱視に近い視力しかなく超薄型レンズで作らざるを得なかった。それでも、これまで他社で作ったメガネと比較するとZoff価格は安いそうだ。


 Zoffでお得にメガネを買う。ショップの中でもアウトレット店はさらに安い!

全体的にリーズナブルな価格設定のZoffの中でも、さらに、アウトレット店は安い。
通常のZoff店舗でプロパー価格のメガネが、アウトレット店では、1ランク安い価格で売っている。
ただし、アウトレット店では、Zoffで取り扱う最新のデザインではなく、1つ前、2つ前など過去の型ではある。

今回、ボクが購入した海浜幕張のアウトレット店の価格は5段階の価格ランクが設定されている。


ちなみに、アウトレット店の薄型レンズの割増料金は、こんな(↓)感じ。


アウトレット店では5プライスの価格ランクがあるが、通常店では、3プライスの価格ランクのみ。
同じフレームでも、通常店の価格より、アウトレット店では、安く設定されているそうだ。

アウトレット店は現在5店。すべて三井アウトレットパークに入っている店舗だ。横浜ベイサイド、多摩南大沢、幕張、入間、仙台港、の各店舗。



 Zoffで納得のデザインで購入したいなら、原宿店へGO!

Zoffはもうすでにどれも安いから、デザインにこだわって選びたい、という方もいるだろう。
そんな方は、原宿店へGO!現在Zoffで取り扱っているすべてのフレームを販売しているそうだ。


 Zoffオンラインショップでメガネ通販できる?-はい。できます。

今回、海浜幕張のZoffに行く前。ネットでZoffのサイトにアクセスして、住所周辺のZoff店舗を探してから行った。
サイトにアクセスしたときに、確か、「オンラインショップ」の文字があった記憶があったので、店頭で、オンラインショップについて店員にあれこれ聞いた。

以下のようなやりとりがあった。(この記事の下のほうでコメントするが、この店員もオンラインショップについてあまり理解していなかったようだ。)


ボク「ネットで見たら、Zoffのオンラインショップがあったと思うんだけど。ネットで買えるの?」

店員「オンラインでフレームを購入して。店頭に持ち込んでもらうことになります。店頭でレンズを付けます。」

ボク「えっ?じゃあ、結局、店頭に来ないといけないんだ。」

ボク「よくメガネ屋で、眼科併設のところがありますよね。そもそも、メガネって眼科の診察なしで販売していいんですっけ?」

店員「はい。眼科では、視力検査の他に目の病気やキズなど調べてもらえますが、眼科に診てもらわなければメガネを購入できないわけではありません。」

ボク「あ、そうなんだ。じゃ、過去につくったメガネと全く同じものが欲しいのであれば、販売履歴から、同じものを購入することはできる?ネットで注文できたりしないの?」

店員「Zoffのメガネは、同じデザインのものがあまり長期間販売されません。1つのデザインが、半年後、1年後には、店頭からなくなります。また、店頭で3年程度であれば販売履歴を確認できますが、それ以上だとできません。」


上記のやりとりで、店員のZoffオンラインショップの認識は間違いだ。
店員は、Zoffオンラインショップが、フレームを購入するためのオンラインショップのような言い方をしているが、それはウソ。

Zoffオンラインショップを見ると分かるが、オンラインで完璧に情報を入力できれば、レンズのついたメガネを購入することができる仕組みになっている。つまり、店頭に持ち込まなくてもレンズ付メガネを通販できる。

ただし、自分が購入しようとするメガネに必要なレンズの情報をすべて把握している人、把握できる人はほとんどいないだろう。一般人は、視力検査シートや検査マシーンは身の回りにない。
オンラインショップのサイトでは、Zoff店頭でメガネを購入したときにもらえる「Zoffデータカード」の読み方と、オンラインショップでの「Zoffデータカード」の数値の入力方法が表示されている。
要するに、オンラインショップは、一度、Zoff店頭でメガネを購入したことのある人が、「Zoffデータカード」をもとに、以前と同じレンズで(フレームは自由に選べる)手軽にメガネを購入できるようにしている。

というわけで、Zoffで一度メガネを購入したことのある人が、同じレンズでいいなら、Zoffオンラインショップで手軽に通販できる、ことが分かっただろう。
ボクも今回、購入したメガネの「Zoffデータカード」は大切にとっておくので、次回は、そのデータをもとに通販しちゃうかもw

【参考資料】Zoff(ゾフ)公式サイトhttp://www.zoff.co.jp/ )
【参考資料】Zoff(ゾフ)オンラインショップ( http://www.zoff.co.jp/store/ )