2013年7月4日木曜日

渋谷はDVDレンタル80円。GEO(ゲオ)とTSUTAYA(ツタヤ)の価格比較

先週、渋谷を歩いていた。
宮益坂口の交差点、文教堂前の看板(↓)。


ミーティングに向かう途中。スルーするつもりが、「レンタル80円」の表示で立ち止まった。


見直しても、やっぱり「DVD80円」。「都会ってスゴイ!」と独り言。このことがきっかけで、DVDレンタルの価格を比較してみた。


 結論。GEO(ゲオ)は一部店舗旧作80円。TSUTAYA(ツタヤ)は一部店舗旧作100円

まず、いつものように結論から。
GEO(ゲオ)は、一部店舗旧作80円でレンタルしている。TSUTAYA(ツタヤ)は一部店舗旧作100円でレンタルしている。価格比較では、GEO(ゲオ)圧勝。

たまには、レンタル店のサイトを見てもいいかも。GEO(ゲオ)では「宅配レンタル旧作80円」など実施していることも。


 渋谷のGEO(ゲオ)、料金をチェックした

書店の文教堂内の一角にある、渋谷のGEO(ゲオ)に入り、料金をチェックした。料金表は以下だ。


表の看板どおり、旧作ではあるが1週間レンタル80円で間違いない。新作240円・準新作180円。
料金表から推測するに、リリースしたばかりの新作はその他新作と区別されていて3泊までしかレンタルできないってことですかね。

それにしても、安いっ。

なお、ネットで渋谷店の情報を見ても、上記の料金表と同じものは掲載していない。渋谷店で旧作80円でレンタルしていることだけ確認できる。GEO(ゲオ)店舗ごとの料金差は知られたくないらしい。

店頭で、渋谷店の料金表やGEO(ゲオ)店舗一覧が書かれた印刷物を要求した。しかし、スタッフから「サイトで公開しているのでご覧ください」とのことだった。


 渋谷のTSUTAYA(ツタヤ)、料金をチェックした

次に、渋谷のTSUTAYA(ツタヤ)の料金表を確認しにいった。6月最終週に撮影した料金表はこれ(↓)だ。


よく見なくとも渋谷のGEO(ゲオ)より高いことは一目瞭然。旧作1週間レンタル100円。(GEOの7泊できる新作にあたるDVDが)新作520円・準新作480円。

渋谷GEO(ゲオ)と比べたら、品揃えでは、天と地ほどの差もあるが、料金面では、完敗だ。倍もする。


 GEO(ゲオ)、TSUTAYA(ツタヤ)、いずれも地域ごとに異なる料金

手前味噌だが「くらべて.com」では、最近、リアル店舗を探すための一覧ページを作った。レンタルCD・DVDショップは、「通販・店舗>店舗・企業>大手 書店・CD/DVDレンタル」のページにある。

【参考資料】「くらべて.com」の「通販・店舗>店舗・企業>大手 書店・CD/DVDレンタル」( http://www.kurabete.com/location/site/soft.html )

そこから、GEO(ゲオ)とTSUTAYA(ツタヤ)の渋谷以外の店舗情報をチェックすると、店舗ごとに料金差があることを確認できた。

GEO(ゲオ)は旧作レンタル100円としている店舗が多い。TSUTAYA(ツタヤ)も旧作レンタル100円としていない店舗がけっこう多い。

なお、GEO(ゲオ)のサイト GEO Onlineでは、ちょうど、宅配DVD旧作80円のキャンペーンを実施していた(送料別途)。また、Huluのように宅配レンタルサービス初月無料のキャンペーンもやっていた。


たまには、リアル店舗が運営するサイトを覗いてみるのもいいかもw