2013年10月23日水曜日

コンビニATM、手数料無料の条件は?3大メガバンク(みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行)で調べた

メインバンクのみずほ銀行から、サービス改訂を知らせる封筒が届いた。中を開けると、こんなの(↓)が出てきた。コンビニATMで手数料無料となる条件等が変わったそうだ。


ATM手数料については、常々、きちんと調べないとイカンな、と思っていた。
最近は、近所のコンビニATMでお金を下ろしておけば、手数料無料と分かってはいたが、ナゼ無料となったのか理解していなかったからだ。同じみずほ銀行に口座を持つうちのママは、「コンビニでお金を下ろすと手数料が取られる」と言っていた。

そこで、今回、みずほ銀行を中心に、コンビニATMでの手数料について、ザクザクっと調べた。ボクのように気になっていた方は、確認するとスッキリするのではないか。


 みずほ銀行、「みずほマイレージクラブ」加入でコンビニATMでの引き出しは何度でも無料。ただし、2014年2月9日の前後で条件変更

みずほ銀行は、現在、コンビニATMでの引き出しにかかる手数料は有料105円。(時間外手数料込みだと210円)

みずほ銀行で、コンビニATM手数料を無料にする方法がある。
会員組織「みずほマイレージクラブ」(入会金・年会費等無料)に加入した上で、ちょっとした条件を満たせばいい。会員特典の「うれしい特典」に、コンビニATM手数料無料等が含まれている。

現在、「みずほマイレージクラブ」会員は、月末合計残高10万円以上、クレジットカードの毎月の利用、住宅ローン利用、といった条件のいずれかを満たせば、コンビニATM(イーネット、ローソン、セブン銀行)からの引き出しは、月に何度でも無料だ。
正確に言うと、みずほ銀行ATMとコンビニATMの時間外手数料とご利用手数料が無料。18時以降も無料。

ちなみに、振込手数料は、みずほ銀行本支店宛も無料。他行宛振込手数料は、有料だ。

メインバンクとして利用しているなら、「月末残高10万円以上」という条件は、ハードルが低い。ボクは、この条件を満たしていたので、最近、コンビニATMでの引き出しが、いつでも無料だったようだ。条件を確認して、すっきりした(笑)

ただし!

この記事の冒頭で触れた、ボクのもとに届いた、みずほ銀行からのお知らせは、この「うれしい特典」の内容が変更する、というものだ。

2014年2月9日以降は、「みずほマイレージクラブ」会員でも、コンビニATMでの引き出しが無料となるのは月4回まで(でも、4回までは無料!)となる。

ボクは、月に4回以上、自分の口座からお金を下ろすことはないので、今回の特典変更は、あまり影響がない。



 三菱東京UFJ銀行、現在、無料。12月20日(金)よりコンビニATM有料に。改訂以降は無料とする条件は厳しい

三菱東京UFJ銀行は、現在、コンビニATMでの引き出しにかかる手数料は無料。(ただし時間外手数料は105円かかる)

12月20日(金)より、三菱東京UFJ銀行ATMの利用手数料無料の時間帯は増えるが、一方で、提携コンビニATMの手数料は一部を除いて有料となる。

かんたんに言うと、「12月19日までは、コンビニATM 18:00迄は無料で引き出しできるが、12月20日から105円かかる」。

三菱東京UFJ銀行サイトのページに詳しくまとまっているので、詳細は下記を参照のこと。


なお、引き続き無料でコンビニATMを利用する方法もあるにはある。
ただし、「メインバンクプラス」に加入して、ネットバンキングに登録して、その上で(以下略)といった厳しい条件をクリアしなければならない。


 三井住友銀行、「SMBCポイントパック」の利用で提携コンビニATMでの引き出しが月4回まで無料

三井住友銀行は、現在、コンビニATMでの引き出しにかかる手数料は有料105円。(時間外手数料込みだと210円)

みずほ銀行と似た、会員サービス「SMBCポイントパック」の利用において、手数料無料の特典を実施している。
月末残高合計額が30万円相当額以上など6条件のうち1つを満たせば、提携コンビニATMでの引き出しが月4回まで無料となる。