2014年9月10日水曜日

男性向けパーソナルスタイリストを比較!パーソナルスタイリストは、オープンでリーズナブルな第3世代に

「くらべて.com」の比較カテゴリ「男性のキレイ」では、
男性向けパーソナルスタイリスト「買い物同行サービス」を比較一覧表にした。代表的なサービスの特徴、スタイリスト、サービス内容、料金を比較しやすく一覧表にしている。


【参考資料】男性向けパーソナルスタイリスト「買い物同行サービス」の料金比較http://www.kurabete.com/mens/compare/comp_stylist.html )

このブログ記事では、「パーソナルスタイリストとは?」からはじまり、最近のパーソナルスタイリストをとりまくトレンドについてまで、具体的なサービスをとりあげながら(複数サービスを比較しながら!)紹介する。
「パーソナルスタイリスト」のキーワードに反応した方であれば、何らかの参考となる情報があるはずだ。


 「パーソナルスタイリスト」とは?

パーソナルスタイリストとは、芸能人やタレント、モデル以外の一般人に向けてファッションスタイリングサービスを提供する職業人。
ふつう、「スタイリスト」と言うと、芸能人やタレント、モデルのファッションをコーディネートするプロを言う。その「スタイリスト」のサービスを一般人に提供するのがパーソナルスタイリストだ。

実際のパーソナルスタイリストのサービスは、「買い物同行サービス」や「買い物代行サービス」として提供されることが多い。

以前は、ファッションコーディネートをプロに任せたい、経営者や起業家、忙しいビジネスマン、広報担当者、資産家に向けたサービスだったが、今では、ごくふつうのビジネスマンやOLが、婚活・就活・起業などの際に利用。パーソナルスタイリストの活躍の場は広がっている。


 クローズドな高額サービスからオープンでリーズナブルなサービスへ

かつての英会話スクールや結婚情報サービスがそうだったように、クローズドな高額サービスからオープンでリーズナブルなサービスへと変化してきている。

第1世代のパーソナルスタイリストのサービスは、サイトに詳しい料金表も掲載されておらず、極端な例では、代表者のマスコミ掲載実績とお問い合わせ電話番号が掲載されているだけだった。
特殊な利用者のための特殊なサービスという印象が強かった。

第2世代のパーソナルスタイリストのサービスは、料金表を公開。ただし、料金体系は、1時間あたりのサービス料や購入金額に対する手数料率など。サービスを利用するまでの敷居が高かった。

現在は、第3世代。パーソナルスタイリストのサービスは、パッケージ化され、サービス内容と料金が明確に。格段にサービスを利用しやすくなった。そして、パッケージ化されることで、サービス価格も大幅に安くなった。

次に、具体的なパーソナルスタイリストのサービスをいくつか取り上げる。


 エレカジ、森井良行


第3世代のオープンでリーズナブルなサービス。
「ショッピング同行」+「カウンセリング」+「レクチャー」(当日2.5時間)で22,000円。



 チェンジングミー


第3世代のオープンでリーズナブルなサービス。
「ヒアリング」+「(スタイリストによる)下見」+「(当日)買い物同行」(当日1.5時間)で19,800円。